居酒屋のバイトよりもカレー屋がさいこう

インド人の人が作る本格カレー屋さんが近所にあるんですが、人によって好みが別れるのが面白いです。

私はそこのカレーとかが大好きで、この間は豆カレーの美味しさに感動しました。でも彼氏は「ナンの甘さが苦手だし、カレーはオーソドックスなものが良い」と嫌いみたいです。確かに、ナンは結構甘さがありますね。カレーの辛さに合わせてるんでしょうか?

また「旦那さんは好きだけど奥さんは嫌い」というパターンも結構あることから、この好みは男性と女性で別れているわけではなく個人的な好みによるものみたいですね。

ところでこの本格的なインドカレーですが、私は数年前にも別の店でカレーを食べたことがあります。その時はグリーンカレーでしたが、最後まで食べ切れませんでした。かなりの食いしん坊だったのに、途中で気持ち悪くなっちゃって・・。このことが軽いトラウマになり、それから本格カレーは避けていたんです。

けれども、近所に出来たインドカレー屋さんは大丈夫なんです。何を食べても美味しいし、サクサクいけちゃう。恐る恐るグリーンカレーも試してみましたが、ペロリと食べちゃいました。

不思議に思ったけど、よく考えてみると同じ「和食の店」でも、自分にとって美味しい店とそうでない店がありますよね。それぞれに味付けが違うのは当然です。

カレーのことを考えてたら、またカレー屋さんに行きたくなりました。かなりハマっちゃってますね。安くは無いのでほどほどにしようと思っています。
居酒屋のバイト

趣味を完全に持っている人はうらやましい

私は何も趣味がないから、何か趣味があったらいいですね。

なんか趣味があったら、もう少し楽しい時間を過ごすことができるのではないかと思うのですが、別段趣味がないから、暇な時には何もやることがないのです。

暇な時間の使い方には悩んでいます。

あなたはどんなふうにしながら、自分が暇だなと思う時には時間を使っていますか?

何か1つでも趣味があったらいいのにねと思うこともあるのではないでしょうか?

私は特別に趣味もないから、年中ゴロゴロしながら、無駄な時間を過ごしてしまうのです。

時間の無駄ではないかと感じることもよくあります。

ゴロゴロしていたら、この時間はもう少し他の有意義なことに使えたのではないかと後悔することも多くなっています。

 

趣味のない子が今から新しい趣味を発見しようと思うことは、簡単ではないのです。

私は今もなお趣味が何も発見できていません。

 

芸能人では自分の本職以外の趣味を持って活躍をしている子もいます。

そういう芸能人を見たら、忙しい芸能界にいながら、趣味もやっているので活躍してすごいなと感じてしまいます。

これからでもいいので、何か新しい趣味を発見できたらいいですね。

ゴロゴロと無駄な時間を過ごしていることにも少々飽きてきました。

勝手にユーキャンの資格について語ってみる

資格が欲しいと思って、ユーキャンのカタログを見てみた。

 

私が取りたいなって思うのが「整理収納アドバイザー2級」の資格。

どうやら、この整理収納アドバイザー2級は各地で開催される講座を1日受講すれば取れる資格らしい。

試験勉強もいらないし、整理収納には興味もあるし、いいじゃんと思って、

でも講座が2万円かかる。高い!

 

そう思っていたら、ユーキャンにもその整理収納アドバイザー2級が在宅で取れますってうたっている講座があることを発見。しかもその先の1級を受験するために受けなくてはいけない講座まで、そのユーキャンで取れるらしい。でも、1級の講座代、本来なら3万するらしい。

 

何だ何だ、やたら高いなこの資格。

 

ユーキャンなら、別々で取るより、49800円でちょっとお得らしい。

1級まで持つと、自分で整理収納の講座を開けるまで認められるようで、

でも今の時点だったらとりあえず2級だけでも…なんだけど、

中々近場で講座が開催されていなくて、2万か49800円か…。

いや、よく考えたら、結構高いから他の資格の勉強をした方がいいのではないかと。

49800円もあれば3,4つ取れそうだよね。

 

もしかしたら、家で資格が取れるという魅力で大事なものを見ていなかったかもしれない。

 

2万の資格って…、高いよね。

 

美容院だけを信じるのも微妙な話

私は考えているのは、長い髪の毛を切りたいと言うことです。

何年間も長い髪の毛だったので、少し飽きてしまったので、髪の毛を切りたくなっています。

芸能人でも短い髪の毛が人気になっています。

これからは、短い髪の毛がブームになるのかもしれません。

私の友人でも、ほとんどの子は髪の毛が長いのです。

話を聞くと、短い髪の毛にするのには、

「勇気がない!」

と言います。

私も短い髪の毛にするのには勇気がないから、みんな同じようなことを考えて悩んでいるのかもしれません。

もしも、長い髪の毛を切って、その髪型が似合わなかったら大変です。

髪の毛を一回切ったら、簡単には元のような髪の毛には戻らないから、後悔したくないのです。

 

考えてみたら、私が短い髪の毛にしたのは高校生が最後だったかもしれません。

高校を卒業してからは、短い髪の毛にした経験がないから、長期間髪の毛は長かったです。

茶髪にした経験もあるのですが、髪の毛を短く切ったことは1回もなかったのです。

女の子は心の中では、

「いつか短い髪の毛にしてみたい!」

と希望をしていても、実際に勇気を出して短い髪の毛にできる子は多くはいないものでしょう。

まだ髪の毛を短く切ることには、しばらくの期間は悩んでしまいそうな感じがします。

アベノミクスだけに頼ってはいけない

私の友人がクビになって、仕事がなくなってしまったのです。

アベノミクスで景気がよくなったとか言われていますが、まだまだ景気はよくないです。

私も友人の話を聞いていたら、いつ仕事がクビになるのかが分からないから困ってしまいます。

もしも、自分の仕事がなくなったらと思ったら、本当に憂鬱で困ってしまうのです。

自分は貯金もないから、すぐに働かなくてはならないでしょう。

お金持ちだったら、人生にはもう少し余裕をもって過ごすことができると思うのですが、お金がないから哀しくなってきます。

仲間でも金持ちの子は少ないから、みんなお金がなくて困っているのです。

今26歳ですが、このまま貯金もできないままに時間がたつと思うと切ないです。

仕事面での文句を言っていても生活ができなくなるので、文句を言わないで、コツコツ働いていくしかないのかもしれません。

せめて10万円でも貯金ができたら、生活も少しは楽になると思うのですが…。

10万円でも私から見たら貯金をすることは簡単ではないでしょう。

あなたもたった10万円でも貯金をするのは楽なことではありませんよね。

何で、お金はなかなかたまってくれないものなのでしょうか?

お金を貯めることは、本当に難しいと思ってしまいます。